せいきちのログブック

今年の目標は柔らかくなることです!!

お笑い

愛というものは人を守るものでもあり、深く傷つけるものでもあります。

まるで研ぎ澄まされた鋭利な刃(ヤイバ)のようなもの。

情という鞘におさまって1つになります。

愛だけでも情だけでもなんの役にもたたない。

愛情になって初めて完成するのです。

男と女も同じですね。どちらが愛か情かはわかりませんが。



うかれすぎ

私はバレンタイン・ホワイトデー・クリスマスがキライである。

最近は10月末にカボチャ祭りも始まった・・・・・・・・・

もてない男のひがみと思っていたが彼女ができても、気持ちは同じだった。

お盆と正月は理解できるが後はどうでもいい。誕生を祝うのなら自分が好きな人や家族の誕生日だけを祝えばよかろうに!!

ま、彼女にはクリスマスプレゼントは渡しましたが・・・・・・

これを理解出来るのはりゅさん以外におるまいw

大掃除

私は掃除や後片付けが苦手でありまた下手である。本来不精者なので部屋も汚い。

コレではいけないので今日少しだけ行ったが畳が見えるようになったのと、隣の部屋に荷物を移動しただけで終わった。

多分、押し入れはあるがタンスや食器棚が全くなくて衣装ケースが4つばかりあるだけだからだろう。

今年中にはきれいにしようと思います。

だれか松居和代を連れて来てくださいw

ドラマについて

今日は子供が妊娠して出産するというドラマの最終回でした。

私は一回も見ていないのですが、個人的な意見を言わせてもらうならばハッピーエンドにはしないでと思っていました。

なぜかと言えばこのドラマを見た全ての子供達がそうだとは言いませんが、必ず勘違いした解釈をしていると思ったからです。

コレは自分でも非常にかたよった考えと思っていますがあえて発表します。

理由を問わず性交渉をして妊娠した場合、なんとかなるんじゃないかと考える子供が少なからずいると思ったからです。

このドラマの表現したい事がどうにもわからなくて。

私的には、妊娠した子供も生まれた赤ちゃんも無事に生き残るのではなく残虐ですがどちらかが死亡、もしくは二人とも死亡するなどして体や精神が未熟なうちに妊娠すると大変な事になるよ、現実はもっと厳しくて周囲も巻き込んで不幸になるんだよ、というような啓発的なものにしてもらいたかったです。


医学が進んでいるとか、家族が助けてくれるとかそういう問題ではないと思うのですが。

偏った考え方で申し訳ありません。生命とか出産などを軽視しているように思えてしまったので。

行ってきます

今日から1泊の予定で親父(本物のせいきち)の還暦祝いに一家で大分まで行きます。九州の西端から東端まで阿蘇を抜けて行きます。

ちなみに今日は寒波の影響で山間部は雪が降るかもしれません。私の車は(九州の車はほとんど)ノーマルタイヤで、かつ雪道やアイスバーンなど走った事など無いのに大丈夫なのか?

無事に帰ってきたら、きちんと報告がてら更新しますのでよろしくです。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

せいきち

せいきち

DTIブログにようこそ!


Search

Calender

« | 2006-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -